カテゴリー

カレンダー

2020年8月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新記事一覧

行事のお知らせ

夏越の大祓について

2020/06/19 (金)

この度の新型コロナウイルスにより被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

向暑のみぎり 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 当会に平素より格別なる護篤志を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、今年の夏越の大祓いについてお知らせ致します。今年は七月一七日(金)に天真会本庁 芳雲殿にて催行予定でございますが、新型コロナウイルスの影響を鑑みまして、規模を縮小し、役員関係者のみで催行させて頂くこととなりました。当会ご関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けすることになりますが、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

鳥居竣工清祓いの儀

2020/04/09 (木)

   このたび東洋最高道徳学会本庁の横にある水輪壇の鳥居が、老朽化したことに伴い、新しく作り変えられました。黄金色の注連縄で飾られた立派な鳥居です。ぜひ一度ご覧頂ければと思います。

   また3月26日には、鳥居竣工清祓いの儀が執り行われました。コロナウィルスの影響のため、通常の神事を縮小し、毎月実施している型代焼き祓いの神事の中に清祓いの儀を取り込む形で実施しました。少人数の参加でしたが、身の引き締まる思いでした。

   最後に、コロナウィルスにより被害に見舞われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

歳旦祭のお知らせ

2020/01/16 (木)

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、東洋最高道徳学会四大行事の一つである歳旦祭が旧正月の1月25日(土)に執り行われます。歳旦祭とは、古事に則り、平穏と人々の仕合せを願って、四方の邪気を祓う神事です。
それでは、今年1年が皆様にとりまして健やかで実りある1年となりますように。。。

 

令和元年 秋季大祭を執り行いました!

2019/11/06 (水)

10月20日(金)11時 東洋最高道徳学会4大行事の一つである秋季大祭が、久万高原町大成 大成神宮にて盛大かつ厳粛に執り行われました。当日は約100.名のご参列を頂くことが出来ました。

 東洋最高道徳学会 秋季大祭とは、故長岡悟天真会会長の誕生日にあたるこの日を宗教法人の記念日として祝う行事で毎年同じ日に行います。

 令和を迎えて最初の神事ということもあり、いつも以上に緊張した空気の中、「天地鎮めの太鼓」が鳴り響き神事が始まりました。祝詞奏上、神楽奉納と滞りなく進行し、玉串奉奠では長岡節子天真会会長を始め、参列者一同により、神前に玉串が奉られました。

 神事終了後、民家「きた家」にて直会が行われ、皆様思い思いの時間を過ごされて頂いたご様子でした。参列頂きました皆様、ご足労頂き有難うございました。

令和元年夏越の大祓い

2019/08/23 (金)

 7月19日(金)、東洋最高道徳学会4大行事の一つである「夏越の大祓い」が南高井病院芳雲殿にて催行されました。雨天ではありましたが、約70名のご参加を頂くことが出来ました。

 夏越の大祓いとは、一般には「輪越し」とも呼ばれ、茅で作った大きな輪をくぐって、この半年間の罪穢れを祓い去り、以降の無病息災を祈願する神事です。季節の変わり目に心身の健康をお祈りするこの神事は、いにしえより受け継がれた大切な神道儀礼の一つです。

 午後6時、天地鎮めの太鼓の音が鳴り響き神事が開始されました。皇室一家のご安寧と参列者一同のご多幸ご健勝を祈願して型代を焼祓う「忌火の祓い」や、神職による「輪くぐりの秘儀」、長岡節子天真会会長、他参列者一同による玉串奉奠へと神事は滞りなく進み、祝電披露の後、散会となりました。

令和を迎え、初めての神事となりましたが、お足元の悪い中、たくさんの皆様にお越し頂きましたこと改めて感謝申し上げます。誠に有難うございました。

 

 

鎮花祭を催行しました!

2019/04/22 (月)

うららかな気持ちの良い天気に包まれた4月20日、東洋最高道徳学会のひとつである鎮花祭が盛大に行われました!100名ほどの参列者を頂きました!参列者の皆様に桜の花玉串を神前に奉奠頂き、とても雅やかなお祭りとなりました。神宮の桜も満開で、最高のお祭りとなりました。ご参列頂きました皆様有難うございました。

 

平成30年夏越の大祓い

2018/08/03 (金)

 7月20日(金)、東洋最高道徳学会4大行事の一つである「夏越の大祓い」が南高井病院芳雲殿にて、約70名の参加者のもと静粛に執り行われました。
 夏越の大祓いとは、一般には「輪越し」とも呼ばれ、茅で作った大きな輪をくぐって、この半年間の罪穢れを祓い去り、以降の無病息災を祈願する神事です。季節の変わり目に心身の健康をお祈りするこの神事は、いにしえより受け継がれた大切な神道儀礼の一つです。
 午後6時、天地鎮めの太鼓の音が鳴り響き神事が開始されました。皇室一家のご安寧と参列者一同のご多幸ご健勝を祈願して型代を焼祓う「忌火の祓い」や、神職による「輪くぐりの秘儀」、長岡節子天真会会長、他参列者一同による玉串奉奠へと神事は滞りなく進み、祝電披露の後、散会となりました。暑い中ご足労頂きました皆様有難うございました。

平成30年 歳旦祭を執り行いました。

2018/03/05 (月)

 2月16日(金)11時から南高井病院 芳雲殿にて東洋最高道徳学会4大行事の一つである歳旦祭を執り行いました。まだまだ寒い時期でしたが、当日は気持ち良いお天気に恵まれ約60名の参列を頂くことが出来ました。
 歳旦祭は、毎年旧暦の元日にあたる日に行われます。1年の世の中の平穏と人々の幸福を願い、参列者一同で祈りを込めます。魂に活力をもたらす振魂の儀では、一同、右手と左手を合わせて上下に動かしながらお祈りをしました。今年1年も素晴らしい年でありますように。

秋季大祭を行いました!

2017/10/27 (金)

 10月20日、宗教法人の記念日を祝う秋季大祭が行われました!紅葉を楽しむには少し早い時期で、また雨も降っていましたので皆さんの足も遠のくかなと思っていましたが、約70名の方が大成神宮まで足を運んで下さいました。本当に有難うございました。神事後にはえびね園の水口健様から人字草と大文字草という貴重な山草のお話しも頂くことが出来ました。

大成神宮にて平成29年の鎮花祭を催行しました!

2017/04/26 (水)

 4月15日土曜日、大成神宮にて平成29年の鎮花祭を催行しました。

 数日前から雨予報で、当日もどんよりとした曇り空でしたが、何とか祭事終了まで持ちこたえてくれました。残念だったのは、松山では桜満開の時期でしたが、神宮ではまだまだこれからといった感じだったことでしょうか。

 風も強く肌寒い気候でしたが、今年も約100名の参加を頂き、大盛況でした。参加された皆様、色とりどりの桜木を手に、祈りを込めて神前に玉串を奉奠されました。ご参会の皆様にとりまして今年も素晴らしい1年となりますようお祈り申し上げます。